サポート万全

高速道路ができる

私たちは義務教育の中で一度は『天下の台所』という言葉を耳にしたはずです。
子の言葉は、江戸時代に江戸が政治の中心だったのに対して、物流・商業の中心地であった大阪をわかりやすく表現したものです。
これは全国の藩が年貢(米)や産物の多くを大阪の蔵屋敷(年貢・物産物などを保管・販売した倉庫)に運ばれ、商人たちの手で売りさばかれ大消費地の江戸へ大量の物資が送り込まれたからです。
幕府・大名は年貢などを金にかえるため、江戸・長崎など商業が盛んな町に蔵屋敷を設けました。
多くの大名が大阪を選んだ理由は、米を金にかえるには大阪が最も有利だったからです。
ここで疑問がでてきます。
政治の中心、幕府が江戸にありながら、なぜ経済の中心が大阪であり江戸ではなかったか、というものです。
これは江戸時代の前、安土桃山時代の豊臣政権が既に蔵屋敷を建て、物資の集散の場所として機能していたからです。

現在は数多くの観光スポットがあります。
最新の話題といえば『空中庭園展望台』です。
都市中心部にそびえ立つ、二棟連結の近未来的超高層ビル「梅田スカイビル」。
その最上階部分に、天空に向けて開放された日本有数の360度屋上開放型展望台。
「日本の夕陽百選」に選ばれた美しい夕日、100万ドルの夜景などすばらしい眺望が楽しめます。
展望台40階にはそんな景色を堪能しながらゆっくり寛げるカフェやアトラクション空間、39階には空中庭園展望台オリジナルグッズをはじめ、大阪土産が豊富に揃うショップがあります。
もちろん道頓堀も外せません。
グリコの看板・かに道楽・くいだおれ太郎など様々な名所が堪能でき、ミナミの代表的な繁華街です。